Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
時計

「先程」の意味はどれくらい?類語や言い換えも覚えて敬語をマスター!

「先程はありがとうございました」など、過去の出来事をあらわす言葉として「先程」を使う場面はよくあります。

しかし、「先程」の意味はどれくらいの期間を指すかご存じでしょうか。

ビジネスにおいて正しい敬語を使うことは最低限のマナー。

しっかり理解しておくことが大切です。

また、類語や言い換え表現も覚えておくと様々なシーンで役に立ちますよ。

そこで今回は『先程の意味はどれくらいの時間か』について解説し、あわせて『類語や言い換え表現』もご紹介します。

【スポンサードリンク】

「先程」の意味

「先程」は「さきほど」と読みます。

「先程」と漢字で記載することが原則ですが、ビジネスメールなどで漢字ばかりの文章になると堅苦しく感じられることもあります。

そのような時は「程」を平仮名にして、「先ほど」と記載することもあります。

また、「先程」の意味を辞書で調べると「今よりも少し前」とあります。

話し言葉の「さっき」に近い意味合いで、現在に近い過去のある時を指します。

「先程」はどれくらいか

過去を指す言葉には「先日」や「過日」などもありますが、「先程」はいつまでの時間を指すのでしょうか。

実は「先程」には明確な時間幅の規定はなく、個々の認識によって異なります。

しかし前述したとおり、「先程」は現在に近い過去のある時をさす言葉です。

そのため、「先程」が指す時間幅は数分から数時間前だと一般的には考えられてます。

日付をまたいだ場合は「先程」は用いられず、「先日」と言います。

【スポンサードリンク】

「先程」に似た表現

「先日」のように、過去を指す言葉で「先程」に似た言葉がいくつかあります。

これらはあくまで似た言葉であり、「先程」の言い換えにはならないので使い方に注意してください。

先日

「先日」は「せんじつ」と読みます。

意味は「近い過去のある日。このあいだ」とあり、「先日」があらわす範囲は数日から長くて1ヶ月程前と言われています。

「先程」は時間単位で近い過去を指す言葉であり、「先日」は日にち単位での近い過去を指しています。

また、「先日」に近い言葉で「先般(せんぱん)」があります。

「先日」と「先般」の違いは、「先日」が過去の日にちを指しているのに対して「先般」は過去の出来事をあらわしています。

過日

「過日」は「かじつ」と読み、「過ぎ去った日」を指す言葉です。

「過日」は過去のすべての日を指し示す言葉のため、遠い過去でも近い過去であっても使うことができます。

よって「先日」も「過日」に含まれます。

しかし、あくまで過去の日にちを指しており時間をあらわす言葉ではないため、「先程」の言い換えにはなりません。

以前

「以前」は「いぜん」と読みます。

「12時以前までに提出してください」など、時間とともに使える言葉です。

しかし「以前」には3つの意味があり、時間に対して「以前」を使う場合は「その時よりも前」という意味合いで用います。

「以前」を時間とともに使う場合は未来のことを指し、近い過去を意味する「先程」とは異なります。

一方、過去のことに対して「以前」を使う場合は時間単位ではなく、過去の日にちを指します。

そのため、「先程」の言い換えとして「以前」を用いることはできません。

「先程」の類語や言い換え表現

「先程」と同じ意味合いで使うことができる類語には、下記のようは言葉があります。

  • たった今
  • つい先程
  • 先刻(せんこく)
  • 今しがた
  • 先方(さきがた)
  • さっき

中でも「今しがた」は丁寧な言葉であり、ビジネスシーンでは「先程」の言い換え表現としてよく使われます。

「さっき」は話し言葉のため、顧客先や目上の人に対して使うと大変失礼にあたります。

「先程」を使った例文

ビジネスメールを送る際、「いつもお世話になっております」とメールの冒頭に挨拶文を記載することが基本です。

しかし、メールよりも先に電話などで対応をした場合、「先程」を用いてメールの挨拶文に下記のような文言を追加します。

  • 先程はお電話にて失礼いたしました。
  • 先程お電話させて頂いた件について、あらためてメールでもご連絡いたします。

このほかにも、ビジネスでは「先程」という言葉がよく使われるので、いくつか例文をご紹介いたします。

  • その件につきましては、先程先方から報告をいただきました。
  • 部長は先程外出されました。
  • 先程頂戴したメールについて、質問がございます。
  • 先程も申し上げました通り、書類に不備がございます。再度ご確認ください。
  • ご注文いただいた商品は、先程発送いたしました。
  • 先程○○様よりお電話がございました。折り返しください。

まとめ

「先程」は「さきほど」と読み、今よりも少し前の過去を指します。

数分から数時間前に用いる言葉であり、日にちをまたぐ場合は「先程」とは言いません。

過去の指す言葉には「先日」や「以前」などもあるため、使い方には注意が必要です。

また、「先程」には「今しがた」や「先刻」などの類語があるので、言い換え表現として覚えておくと表現の幅が広がって良いでしょう。

【スポンサードリンク】

関連記事

  1. 女性

    よろしくお願いいたしますの敬語の使い方(目上や漢字)!お願いします、お…

  2. 封筒

    「平素」の意味や「平素より大変お世話になっております」の使い方!

  3. ビジネス電話

    「架電」とは?意味と使い方(ビジネスメール)!反対語や類義語、読み方ま…

  4. ビジネス挨拶

    「お久しぶりです」は敬語?目上や上司に使える?メールや手紙の使い方も!…

  5. 手

    「異存ございません」の意味と使い方!敬語?「異論」との違いや類義語は?…

  6. ビジネスマン人形

    「先方」の意味とビジネスでの使い方!敬語?「先方様」は正しい?気になる…

PAGE TOP