Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
上司、部下

「構いません」の敬語の意味!目上や上司には失礼?ビジネスメールの使い方!

「大丈夫ですよ」という意味で使っている方も多いと思われる言葉『構いません』ですが、果たして目上の人や上司に対して、ビジネス敬語として正しい使い方ができていますか? 

ちゃんと理解している人は案外少ないのではないでしょうか?

もしかしたら、ビジネス会話やメール上で知らずに失礼な使い方をしてしまっているかも・・・。

許可や許容を意味する言葉なので、使い方によっては相手に不快な思いをさせてしまい、関係性が悪くなってしますこともあるかもしれません。

そうならないように、ここでは『構いませんの正しい意味』、『ビジネス敬語として、目上の人や上司への失礼のない使い方』『ビジネス会話やメールでの正しい使い方』を説明いたします!

【スポンサードリンク】

「構いません」って敬語なの?意味とは?

「構いません」とは「関心をもつ。気にかける」という意味の「構う」を打ち消す「構わない」を丁寧語にして「構いません」とする敬語です。

つまり、気にかけていない=気にしませんよ。大丈夫ですよ。という意味になります。

また、「構う」には「差し支えがある」という意味もあります。「差し支えがある」という否定的な意味合いの言葉を「ない」と否定することで、「構わない」は差し支えない=大丈夫ですよ。という意味にもなります。

目上の方や上司には失礼にあたる?

さて、「気にしてませんよ。大丈夫ですよ」という意味だと分かった「構いません」ですが、目上の方や上司に使っても問題ないのでしょうか。

まず、「構いません」は自分が気にしない、自分の都合に差し支えないという意味になります。ですから相手に許可を与える意味合いになります。

「気にしていない」は自分に対しての言葉ですよね。目上の方や上司に対しては「相手を上に立てる」、「自分がへりくだる」が敬語の基本的な使い方ですので、
「構わない」を丁寧語にした「構いません」にはそのどちらも含まれていません。

よって、目上の方や上司に対して「構いません」を使うことはビジネスでの敬語としては不適切だと言えるでしょう。

上司や取引先などに「気にしてませんよ」というのはあまりにも失礼な印象を与えてしまいかねないですね。使い方には注意が必要です。

同様に、類語で「結構です」という言い方もよく耳にしますが、この言葉は「構いません」同様に「大丈夫です」という意味で用います。

  • 「電車が遅延して、打ち合わせの時間に遅れそうなのですが…」「結構です。」
  • 「納品までにまだ少し時間がかかりそうなのですが…」「結構です。」
  • 「その件はこちらで対応させていただきますが、構いませんか。」「結構です。」

しかし、意味は同じでも例文のように「結構です」には「構いません」以上に突き放す、シャットアウトするような印象になるという違いがあります。

「結構です」は相手への配慮がさらに少なくなったように感じられます。やはり使い方には注意が必要ですので、「構いません」同様に「結構です」は目上の方へは使わない方がよいでしょう。

「構いません」の使い方

目上の方に使うには注意が必要な「構いません」ですが、ではビジネスシーンで使う際はどう使えばよいのでしょうか。

以下の例文を見てみましょう。
【例文】

  • はい、その内容で構いません。
  • 私共はこれで構いませんので、よろしくお願いします。
  • 何時にお越しいただいても構いません。

どうですか?一見問題があるようには見えません。ですが、どことなく上から目線に感じませんか?

「構いません」は自分に対しての言葉ですので、相手のことを考えていない印象を与えてしまいます。

丁寧な言い方をしているのに、かえってマイナスイメージがついてしまうのは避けたいところですね。

そこで、「構いません」を使う場合であれば自身の感謝の気持ちや、相手のことを思いやった言葉をプラスしてみましょう。グッと印象が良くなりますよ。

  • はい、その内容で構いません。お気遣い感謝いたします。
  • 私共はこれで構いません。ご配慮いただき恐縮です。
  • こちらとしましては何時にお越しいただいても一向に構いませんので、ご都合の良い時間でお願いいたします。
【スポンサードリンク】

「構いません」の言い換えはどんな言葉がある?

では、「構いません」を目上の方や上司に使うにはどのような言葉を用いれば失礼にあたらないでしょうか。

先程述べました通り、「構いません」には「気にしてませんよ」といった意味合いを相手に与えかねません。

あなたにとって差し支えない、問題のないことを相手に伝えるには、その意図がはっきりと伝わる言葉のほうがよいでしょう。

では、どのような言い換え方があるのかを見てみましょう。
【例文】

  • ありがとうございます。そちらで差し支えありません
  • はい、そちらで問題ございません
  • 承知いたしました。ありがとうございます。
  • こちらで支障ありません。よろしくお願いいたします。

などになります。目上の方や上司には「差し支えありません」、「支障ありません」、「問題ございません」、「承知いたしました」といった言葉を用いれば失礼のない言い回しができるでしょう。

ビジネスメールではどう使う?

「構いません」はビジネスにおけるメールのやり取りではどのように使えばよいでしょうか。

相手が目上の人ではなく同等や目下で、さらに自分が許可を与えるような状況の時を想定すると、基本的な使い方はやはり社内で、対象は同僚、部下になるでしょう。

【例文】

  • 私としましては、当日でも構いませんのでお願いします。
  • ○○日までで構いませんのでお願いします。
  • その日であれば、時間は何時でも構いません。

目上の方や上司に対しては、上の例文ではやはりどこか冷たい印象を与えがちになりますので、丁寧な言い方として次のように言い換えましょう。

  • 私としましては、当日でも支障ありませんのでご都合の良い時にお願いいたします。
  • ○○日までで問題ございません。お忙しいところ恐縮ですがよろしくお願いいたします。
  • その日であれば何時でも差し支えありません。お気をつけてお越しください。

まとめ

いかがでしたか?「大丈夫ですよ」という意味の「構いません」も、使い方や使う相手によっては失礼になってしまうことが分かりましたね。

正しい意味を覚え、目上の方や上司に使う際の言い換え方を身につけるとあなたのビジネスの助けとなることでしょう。

【スポンサードリンク】

関連記事

  1. 女性

    「左様」の意味と「左様でございます」の使い方!語源や失礼のない例文まで…

  2. パソコン

    「取り急ぎ」の意味と使い方!ご連絡・お礼までをメール文末で上司にも使え…

  3. 女性

    恐れ入りますの意味と使い方(電話、メール)、例文も!ビジネスマナーの基…

  4. 女性

    「お疲れ様です」の使い方!目上には失礼?言い換えは?敬語の正しい使い方…

  5. 乾杯挨拶

    「僭越ながら」の意味や乾杯や結婚式の挨拶での使い方!類語やメール例文も…

  6. 女性

    「念のため」のビジネス敬語!意味と言い換えや類語、丁寧な言い方は?例文…

PAGE TOP