Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
ビジネスマン握手

「その節は大変お世話になりました」の使い方!「その節」の意味や類義語も解説!

「その節は大変お世話になりました」など、ビジネスや日常生活において「その節は」というフレーズはよく使われます。

また、「その節」の類義語である「先日は」や「その際は」なども同様です。

しかし、これらの意味やその違いについてきちんと理解できている人は少ないのではないでしょうか。

そこで今回は、『その節の意味』『その節は大変お世話になりましたなどのその節の使い方』『その節の類義語やその節を使った例文』』をまじえて解説していきます。

【スポンサードリンク】

「その節」の意味

「その節」の読み方は「そのせつ」です。

季節や時節など、「節」の文字には「時間的な経過のくぎりめ、または一時期。」という意味が含まれています。

そこから、「その節は」という言い方をする時は過去のある時点や出来事をさすようになりました。

つまり、「その節は」とは「あの時は」や「この前は」と同じ意味合いになります。

「その節は大変お世話になりました」などの「その節」の使い方

「その節は」と話題にできる出来事は、少し前のことに限ります。

相手が思い出せないような昔の話を持ち出して「その節は」ということはありません。

時間との相関関係に注意して使うようにしましょう。

また、「その節は大変お世話になりました」など、「その節は」の後に続く言葉を敬語表現にすることで目上の人に対しても使うことができます。

同じ意味である「あの時」や「この前」よりも「その節」の方がより丁寧な表現のため、ビジネスでも「その節」が使われることが多いです。

「その節はありがとうございました」や「その節は申し訳ございませんでした」など、感謝や謝罪とともに使われます。

「その節は」という言葉は会話の中でよく使われる言葉ではありますが、メールや手紙などでも使用することができます。

【スポンサードリンク】

「その節」の類義語

「その節」は「あの時」や「この前」と同じ意味であり、これらは「その節」の類義語と言えます。

このように「その節」の類義語はいくつかあり、言い換えて使うことができます。

あまり同じ表現ばかりを使っていると語彙力がないと相手から思われてしまうので、類義語をしっかり理解しておくことも大切です。

「その際」

「その際」は「そのさい」と読みます。

「その際」は「その時」と同じ意味で、「その際」がさすことは未来の行動や出来事です。

いっぽう、「その節」は過去の出来事をさし、未来のことに対して使いません。

「その際はよろしくお願いいたします」と未来の出来事に対して言うことはできますが、「その節はよろしくお願いいたします」とは言いません。

「その折」

「その折」は「そのおり」と読みます。

「その折」は過去と未来のどちらの出来事に対しても使うことができます。

そのため、「その節」の言い換え表現として「その折」を使うことが可能です。

「先日」

「先日」は「せんじつ」と読み、近い過去のことをさします。

そのため、過去のある時点のことをいう時には「その節」の代わりに「先日」と言い換えても問題ありません。

しかし、「先日」はあくまである時点のことをさし、過去の出来事そのものに対しては使いません。

もし「その節」として過去の出来事を話題にあげる場合は「先日の○○の件」と具体的に言う必要があります。

「以前」

「以前」も「その節」も過去のことに対して用いる言葉ですが、「以前」は遠い過去の出来事に対して使います。

「その節」は「以前」よりも近い過去をさす言葉のため、「以前」と言い換えて使うことはできません。

その時話題にする出来事の時間関係を考えて、適切な表現を選ぶようにしましょう。

「その節」の例文

「その節」の意味は「あの時」や「この前」と同じになるため、これらを「その節」と言い換えるだけで文章は成立します。

しかし、これらの表現は口語的なため、同僚や部下に対しては使えますが顧客先や目上の人に対しては使いません。

その場合はやはり「その節」と言った方が良いでしょう。

そこで、「その節」を使った例文をいくつかご紹介いたします。

  • その節は誠にありがとうございました。
  • その節は○○様にお力添えいただき、心より御礼申し上げます。
  • その節は大変失礼いたしました。
  • その節は弊社の都合により日程変更していただくこととなり、大変申し訳ございませんでした。
  • その節はご迷惑をおかけいたしました。
  • その節は大変助かりました。
  • その節はおかげ様で無事解決いたしました。
  • その節は大変勉強になりました。
  • その節は多大なるご心配をおかけしましたことを、深くお詫び申し上げます。

まとめ

「その節」は「あの時」や「この前」と同じ意味で、過去の出来事やある時点のことをさします。

ビジネスにおいてよく使われる表現であり、会話はもちろん文章中でも使用します。

丁寧な表現であり、敬語と合わせて使えば目上の人に対しても使うことができます。

「その際」や「その折」などの類義語がいくつかありますが、使う時はそれぞれの時間関係に注意するようにしましょう。

【スポンサードリンク】

関連記事

  1. ビル

    「私用のため」の意味と使い方!有給休暇や休み、欠席の理由として使える?…

  2. 職場風景

    「ちなみに」は敬語?ビジネスで失礼?意味と使い方、英語や言い換え表現ま…

  3. 封筒

    「平素」の意味や「平素より大変お世話になっております」の使い方!

  4. 手帳

    「先日」とはいつまで使える?意味と使い方!昨日との違いや類語まで!

  5. 電話するビジネスマン

    「おはようございます」は何時まで?正しい意味や語源は?ビジネスマナーを…

  6. ビジネスマン電話

    「折を見て」は敬語?意味と使い方や類義語を覚えて失礼のない敬語を使える…

PAGE TOP