Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
ビジネスマン

「貴殿」とは?意味と使い方!女性や上司、目上に使う?読みや言い換えまで!

ビジネス上、様々な立場の人と関わるようになり相手のことを何と呼べばいいかが悩みの種になることはないでしょうか?

社会に出ると、その時々の状況や立場に合った、適切な言葉を選び、ビジネスマナーを身につけていかなくてはなりません。

ビジネスメール等で「貴殿」という言葉を使ったり、目にすることがあるかと思いますが、「貴殿」とはどのような意味かご存知でしょうか?

また、「貴殿」の読み方や女性や上司、目上の方に使う場合に「貴殿」は使ってよいのか、また言い換える場合の類語など正しい使い方を理解していないと相手に不快な思いをさせる可能性がありますので、注意が必要です。

そこで今回は『貴殿とは?貴殿の読み方や意味と使い方』や、『貴殿を女性や上司、目上に対して使えるのか』『貴殿の言い換え』を説明いたします。

正しく「貴殿」の意味や使い方を理解して、ビジネスで使う語彙力をあげていきましょう。

【スポンサードリンク】

貴殿とは?読み方

貴殿の読み方は「きでん」です。

貴殿の意味と使い方!上司や目上の方に使える?

「貴殿」は、「あなた」という意味があり、二人称の敬称で人代名詞です。

「貴殿」はビジネスシーンなどで利用頻度が高く、主に手紙・ビジネスメール・ビジネス文書で多く用いらます。

「貴殿」は、男性が目上または、同輩の男性に対して使います。相手への敬意を表す敬称で、目上の方に対して使用しても失礼にあたる言葉ではありません。

会話の時には「A部長」「Aさん」「A様」などと言いますが、ビジネスメールや文書、手紙の場合には、目上に使う「貴殿」などの言葉になります。

「貴殿」は、男性から男性へ、女性から男性へ対してのみ使う言葉です。

また、「貴殿」は、一対一での個人に対する敬称なので、複数の相手に対しては使えません。
複数の場合は「各位」「皆様」などを使います。会社・企業に対する場合は、「貴社」「御社」などの敬称を使うのが一般的です。

なお、「貴殿」という言葉は、目上の男性か、対等である男性に対して使う言葉なので、女性に対しては本来使いませんが、男女どちらに配布されるかはっきりしない書類などは男女問わず「貴殿」がよく使われているようです。

貴殿は女性に対して使えるのか?

「貴殿」は、前述の通り、男性から男性へ、女性から男性へ対してのみ使う言葉です。

女性に対しては「貴女」(きじょ)が一般的で、貴女には「女性に対して軽い敬意をもって用いる語。あなた」という意味があります。

【スポンサードリンク】

あなたは丁寧語?

「貴殿」や「貴女」は、「あなた」という意味になりますが、「貴殿」や「貴女」ではなく、「あなた」を使っても失礼にあたることは無いのでしょうか?

「あなた」は相手が自分と同等・対等または、目下に対して使う言葉で、丁寧語にはなりません。

目上の方や上司、取引先の相手に対して「あなた」を使用するのは失礼にあたるため、避けるようにしましょう。

また、「あなた」は同等か目下に対して使う呼び方になりますが、対等であっても、上から目線に感じる方もいらっしゃいます。

文書等に書き起こす場合、「貴殿」や「貴女」を使用すると、丁寧語に受け取れるので、見下された感覚は無く、好印象に受け止められる言葉になります。

世の中には色々な立場や考え方が多く存在しますので、言葉を使うシーンでは、その時に合う言葉を選ぶように心掛けが必要ですね。

「貴殿」を使った例文

貴殿の使い方としては、以下のような文例があります。
ビジネス文書、ビジネスメールでは勿論の事、世間一般に使われている挨拶の基本文章ですので、ご参考にして下さい。

・「貴殿におかれまして、ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。」
・「貴殿のますますのご健勝をお祈り申し上げます。」
・「貴殿よりご教授賜わり感謝致します。」
・「貴殿の益々のご活躍ならびに貴社のご発展をお祈り申し上げます。」
・「貴殿の日頃からの並々ならぬ努力には感服致します。」

貴殿の言い換え表現

貴殿の他に相手のことを何と呼べばいいか、ご存知でしょうか?
名前や苗字・呼称を入れた「〇〇殿」などにしたらよいのでしょうか。
以下に貴殿の類語や別の言葉などをご紹介します。

【貴職】
「きしょく」と読みます。
高い位や官職のことを指し、主に役所などの公務員・役人に対して使われる敬称です。しかしながら現代では、公務員など役所でもあまり使わなくなっています。
【貴台】
「きだい」と読みます。
相手を敬う際に使う二人称の人代名詞です。貴殿を更に丁寧に表現する敬称として「貴台」があげられます。堅苦しい言葉ではありますが、貴台には女性・男性の区別なく使えるため、汎用性は高い表現です。

相手が女性の場合には、以下の言葉を類語として言い換える事をおすすめします。

  • 「貴台」(貴殿よりも丁寧な敬称とされ男女問わず使えます)
  • 「貴女」(女性全般に対して丁寧な敬称で一番おすすめできる言葉です)
  • 「貴姉(きし)」(年長の女性に対して使われる敬称)

まとめ

「貴殿」「貴職」という言葉は、話し言葉で使うことはありません。この言葉は文書にした時に、男性に対して使う言葉ですので、使い方には注意しましょう。

また、「あなた」という言葉は「きみ」の軽い尊敬語であり漢字にすると、「貴方」「貴男」「貴女」などになります。同輩以下・目下の人に対して使う言葉です。

目上の方に対して、「あなた」という言葉を使ってしまいますと、上から目線で見下しているように取られてしまう可能性があるので、絶対に使わないように注意しましょう。

【スポンサードリンク】

関連記事

  1. 女性

    ご無沙汰しておりますの意味とメールや手紙、目上の人への返事での使い方は…

  2. 職場風景

    「ちなみに」は敬語?ビジネスで失礼?意味と使い方、英語や言い換え表現ま…

  3. パソコン

    「ご容赦ください」の意味と使い方!ビジネスメールの例文と読み方まで!

  4. 「ご足労」とは?意味と使い方!類義語や読み方、目上の人に使えるのかまで…

  5. 女性

    「度々」の使い方と意味!類義語や英語、正しい敬語表現まで!

  6. 手帳

    「先日」とはいつまで使える?意味と使い方!昨日との違いや類語まで!

PAGE TOP